破格の航空券を入手する!株主優待券の使い方!

- ビール券のお得な使い方

ビール券のお得な使い方

ビール券と言えば、お歳暮やお中元などの時期に贈られる定番の一つであり今でも発券されている人気の商品券の一つですね。
現在、新券を発行し続けているビール券はサッポロのビールギフト券と、全国酒販協同組合連合会が出しているビール共通券がメジャーなところでしょうね。

ビール券、というのは普通の商品券と違って結構金額が中途半端になっているのが特徴です。
普通の商品券やギフト券なんかになると、500円や1000円、5000円というような感じだと思います。
しかし、ビール券の場合はビール大瓶2本や缶350が2本というような感じでビールの本数に合わせた額面になっていることが多いのです。
前者は732円、後者は502円というように端数まできっちり入っているのが特徴ですね。
他の商品券と違って、商品券で交換するものを指定しているところがメインになっている、ということなのです。
こういった商品券などは、実は今非常にお得なもので贈り物としても役に立つのですが、実は自分で買ってから使っても結構お得なことが多いんですね。
ビール券のようなたくさん発行されているような商品券は、金券ショップやインターネットの商品券ショップなどでも多数出回っており、額面よりも安く取引されていることが殆どなのです。
具体的に、大瓶2本702円のビール券は670円前後、缶350日本502円のビール券は450円前後、というところが相場ですね。
数十円単位のものではあるのですが、それでもお得であることは間違いありません。
しかし、ビールしか買えないからビールを飲まない人には意味がないのではないか?と思う人もいるでしょう。
しかし、意外とビール券というのは使い幅が広く中途半端な額面で一見ビール専用の商品券に見えるのですが、使う場所によってはビール以外のお酒や食料品などを購入することもできるのですね。
なので、商品券を使うことで少額ではありますが買い物を現金で買うより安く出来るということでもあるのです。

関連記事:

△PAGE TOP

Copyright(C)2014 破格の航空券を入手する!株主優待券の使い方! All Rights Reserved.